MRの人気と足りてない理由

MRが転職先に人気な理由がまだまだあります。

医薬品の営業職という安定していて高度な職業という一般認識がありますので、この肩書きは転職される方にとって一生有利なものになるでしょう。

最後に、MRは仕事時間を自分で決めれるということです。

基本的には自宅から会社の車で直接病院に行って、直接帰ってきて良いということになっているようです。

ですので、自分のペースで仕事ができるのも魅力の一つと言えるでしょう。

MRという仕事の年齢層ですが、一番多いのが30代で、ついで多いのが20代、40代以降はだんだん減っていくというのが現状です。

ですので、転職するなら30代までに心を決めるのが良いでしょう。

現在日本ではこの仕事をしている方は6万人いるそうです。

医薬情報提供が必要な医薬品は国内で数十万種類だと言われています。

一つ一つの医薬品について情報を集め、お医者さんなどに提供していくので1人で担当できる範囲が限られているのでまだまだMRは不足していると言われます。

MRのメリットとしては、医薬品の高い専門知識が身につくことが挙げられます。

MR認定資格を取得するための教育を無料で受けられる製薬会社もあります。

また、MRは転勤がつきものですので、賃貸アパートなどの約8割を会社が負担するという制度もあります。

辞職率も非常に多い職業ではありますが、一体その理由は何でしょう。

2012年にMRによるドクターへの接待の禁止条例が出されるまでは、休日にも関わらずゴルフ接待で休めないとか、女性ならセクハラが多いとかいった問題で辞職される方もいましたが、今は女性とお医者さんが二人きりで食事をすることが禁止されていて、上司が同席しなければいけないと規律を決めている製薬会社もあります。

自身の実力ではなく接待の多さやつきあいの良さで実績が決まるのは府に落ちないですよね。

また、新薬が出ないので今までの薬で勝負しなければならなく忙しさも増すので、新薬の開発力のある製薬会社を選ぶことも大切です。

Comments are closed.