MRへ転職したい人が増えてます

みなさん、MRという仕事を知っていますか?

MRというのは、「Medical Representative」の略語です。

「medical」は「医療」、「representative」は「代表する」という意味の形容詞で、Medical Representativeを日本語に訳すと「医薬情報担当者」となり、アメリカで生まれました。

仕事内容としては医療機関を訪問して自社の医療用医薬品を始めとする医薬に関連した情報を医者や看護師、歯科医師や薬剤師に提供して医薬品の正しい使用方法と伝えてその普及を図ることです。

最近、MRに転職する方がとても増えています。

MRは営業職と、社会貢献ができるとてもやりがいのある仕事だと思います。

他の職種より給料面が優れているということで転職を選ばれている方もいらっしゃいます。

自身の努力によって高待遇の給料も目指せることが魅力の一つではないでしょうか。

若い人で年収約700万円、未経験者で転職した人でも約500万円、管理職になると約1000万円と言われているのを聞いてもおわかりだと思います。

転職するにはお勧めの職業だと言えるでしょう。

この職業が人気であるのには給料面以外にも理由があります。

医療業界は基本的に景気に左右されないので、会社がつぶれるという心配はほとんどないと言っていいでしょう。

景気が悪くなったからといって医薬品が売れなくなるということはまずないからです。

むしろ、高齢化社会が進んでいるので医薬品はますます市場を拡大していきますし、今後MRの職業もますます必要とされていくでしょう。

また、人の命に関わる重大な責任のある仕事ですので、患者さんと直接顔を合わすことはないにしても、自分の売った医薬品でその病院の患者さんが元気になれば喜びも大きいことでしょう。

社会貢献がしたい方にお勧めの転職先だと言えるでしょう。

MRは営業職でもありますが、医薬品なので基本的に価格交渉をすることがないようです。

医薬品の情報提供を主に仕事としているので価格交渉がない営業は他の営業職に比べて楽に思えるかもしれません。

こちらのサイトはすでにMRとして働いている方の転職を支援するものです。

これからMRを目指す方も参考になることと思います。

MRの転職についてはこちらに色々載っています

Comments are closed.